上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
病院でもらった薬はよく効いた。
翌朝熱は無かったことのように下がり昨日に比べると体も嘘のように軽かった。
腹には厳しい世界からの使者の記憶だろうか違和感が少し残っているが痛みはない。

今日の予定はというと午前に新規の隊員2名が任地訪問調査というものでシモイオに来るのでその出迎えをし、家を新隊員に3日間ほど貸すために鍵を渡す。
明日のために午後のシャパでベイラに移動し先輩隊員の家に1泊させてもらう。
シモイオからタンザニア行きの飛行機は出ていないのでタンザニアに行くには国内での移動が必要になってくる。
ベイラはモザンビーク第2の都市でシモイオからも近くシャパで3時間程度の距離だ。

任地訪問調査の時は配属先が空港へ迎えに行くことになっている。
迎えの件については昨日のうちに校長と確認したし、まだ見ぬ新隊員S君を学校で迎えようとドキドキしながら家を出た。
学校へ着くといつものように生徒、先生と上司たちとあいさつを交わした。
ん、ちょっと待てよ。
「シェフィ(上司の意)!何でここにいるの?新隊員迎えに行くんじゃなかった?」
「そうなんだよ。車ちゃんと用意してあるよ。」
自慢げに言われてもこまるんだよなぁ。
「時間言ったでしょ。もう着いちゃってるよ。」
「ほんとか!すぐ行かなきゃ。ノビも行くか。」
「すぐ行こう。」
「ちょっと待って、今運転手を呼ぶから。」
威勢がいいのか何なのかよくわからない状態で出発。
車の中で新隊員の名前の確認をしながら空港へ向かった。
どうも日本人の名前の発音は難しいみたいだ。
自分の名前をしっかり呼んでくれるモザン人は数えるくらいしかいないだろう。
だいたいが「ノビ」か「ノヴェル」と呼ぶ、「Nobu」と書いてノブって名前ですなんて言ったところで結果は同じだ。
当たり前のように人の名前を変えてくる。
最近では私の新しい名前が増えた。
「ノヴォス」
「s」の発音はどこから持ってきたのか不思議でたまらない。
たぶん知人にセニョール・ノヴォスがいるのだろう。
深くは聞かないようにしている。
深く聞いて名前を訂正したところで結果は同じことになるだろうから。

モザンビーク、いや多くのアフリカ諸国に言えることだろうが時間に対してルーズである。
先輩隊員帰国の時に一緒に空港へ行った時のことを思い出した。
待てども待てども来ない配属先(教育大学)の車。
遅れてきたのはいいが教育大学の校長から蜂蜜を首都へ運んでくれと言われる先輩。
だけど蜂蜜は車の中に無くこれから取りに行くという。
蜂蜜を取りに行ったはいいがなかなか帰ってこない。
これは遅れるなと思って空港に着くと飛行機も遅れていた。
教育大学と航空会社はグルなんじゃないかと思うくらいだいたいのことは遅れがちだ。
全部が全部遅れてくれればまだわかりやすいのだが、たまにそれを見越して遅れていくと予定どおりに開始されていて。
「なんで遅れたんだ。昨日は夜遅くまで飲んでたんだろう。」
なんてことを言われるからたまったもんじゃない。
「普段時間どおりに行ってる貯金があるだろう。」
と言いたい気分になる。

30分S君を空港で待たせ車は空港に到着。
再度、教頭に新隊員の名前を聞かれる。
簡単なあいさつを済ませ荷物を置くために同期隊員の待つ自宅へ向かった。
初対面の新隊員、これから1年5か月間寝食を共にし同じ職場で働くことになる。
ゆっくり市内を案内したり学校の先生たちを紹介したかったが時間がなかったので校長と教頭、それにAmadeuや化学の先生たちを少し紹介して昼ごはんに行くことにした。

場所は行きつけのレストラン「シェイリーニョ」
ここはメニューも豊富で軽食から肉・魚料理まで食べることができる。
いろいろな物が食べれるとS君にお勧めして自分はこの店の看板メニューでもある「ロウリーニョ」とファンタオレンジを注文した。
S君は迷わずハンバーガーを注文。
少し変わっているなと感じながらも「ここにきてハンバーガーって!」とつっこむことはしなかった。
今でも彼はシェイリーニョのことをハンバーガー屋と呼んでいる。

昼食後、一度家に戻り荷物を持って市中心街のシャパ乗り場まで行った。
まだまだベイラ行きのシャパはある。
長距離シャパは1日1本しか出ていない路線も数多くあるがシモイオ-ベイラ間は夕方5時くらいまで運行している。
以前に一緒に住んでいた先輩と行ったことがあるので不安は無かった。
3時間のシャパ移動。
人や荷物がぎゅうぎゅうに詰まって窮屈な車内だが3時間くらいだったらひと眠りしたらすぐ到着だ。
幸い私はどこでもすぐ寝れる体質だ、その力は長距離移動時に発揮される。
日本からモザンビークまで飛行機での合計移動時間は18時間くらいあるのだがそのほとんどを寝ていたので記憶にないくらいだ。
ただし条件がある、横によりかかれるものがあること。
首が固定されないとなかなか寝ることができない。
この点は窓側の席であったら問題なくクリアできるのだが、みんなが窓側を望むためそう毎度窓側に巡り合えるということはない。
ただモザンビークではふくよかなお母さんたちが多いため「首を固定する」という問題を中央の席でもクリアする。
固い窓に頭をもたれているよりもお母さんたちの肩や腕が柔らかい枕になってくれることの方がいいに決まっている。
今回は惜しくもお母さんの隣というスペシャルシートを逃してしまったが窓側に座ることができた。
シャパの中のことは寝ていたためよく覚えていない。
夕方に目が覚めると都会ベイラに着いていた。
ベイラに着くと泊めてもらう先輩に今から向かうという連絡をし、市内巡行シャパ乗り場へ向かった。
一度来たことがある街で一度泊めてもらった先輩の家なので記憶をたどりながらなんとか到着することができた。
胸にはメダルのひとつもなく長距離シャパでの疲労で一杯だったが自分で自分をほめたい気分になる。

明日は搭乗手続きなどをするためにフライト2時間前に到着しておかなければならないと航空会社に言われているので朝が早い。
朝5時には空港についていなくてはいけないのだ。
そんな時間からモザン人が働いているのかと半信半疑でいたが、遅れてしまってはせっかくの国外旅行のスタートが台無しになってしまう可能性があるので是が非にでも時間どおりに行動したい。

先輩たちはとても温かかった。
モザンビーク隊員の間では共同生活は難しいという言い伝えがあるが、ベイラの2人は共同生活をしている唯一のグループだ。
2010年7月8日現在、一緒に暮らしていた先輩は帰国してしまったため私は一人暮らし組に分類される。
モザンビークに帰ってきたらすぐにS君との共同生活が始まるのだが。

外食は時間がかかるのでと手料理を振る舞ってくれ、さらに朝早く出るのでタクシーの手配・お弁当にお稲荷さんを持たせてくれた。
このままずっとベイラにいたいと思った。
が、目覚ましをセットし少し早めに入ったベッドの中では明日から行くキリマンジャロのことで頭がいっぱいだった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。