上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.15 Dia de professor !
モザンビークには教師の日なるものが存在する。
10月12日 教師が主役 その日は教師にとって特別な1日だ。

集合は朝7時半学校、ここはいつもの祝日と何ら変わりはない。

行進の目的地は英雄広場。
ここもいつもどおり。

英雄広場には多くの学校の教師と生徒が集合していた。
いつもならこの後、独記念の立広場に移動になるのだがこの日は学校へUターンした。

他の学校の先生たちもサモラマシェル中等教育校に移動している。
聞くとこの後にサモラで集会があるらしい。
Dia de professor
体育館には椅子や机が用意されていて何とも盛大な感じがした。

Danccedil;a de ESSM
我が生徒たちの踊り!なんだかワイワイ踊ってました。

アフリカの力
このグループが一番会場を盛り上げていました。
おばちゃんたちのダンス。
いつも思うのだがアフリカのおばちゃんたちは素晴らしいパフォーマー揃いだ。
なんだろうこのカリスマ性、圧倒的な迫力。
登場した瞬間に会場の空気を鷲掴みして放さない。
小さいときから踊ってきてるのでダンスも洗練された感がある。
打ち合わせをしなくてもピタッとリズムを合わせる。

マイケルジャクソンのパフォーマンスに衝撃を受けてことを思い出した。
こんなおばちゃんたちに私はなりたい。
ちょっと顔やスタイルがよくてテレビに出ているタレントの方がたを見ているよりずっとおばちゃんたちのダンスを見ている方がワクワクしてしまう。

退場の仕方も立派なパフォーマーだ。
最後まで全力を尽くしていた。
途中息が切れてヘトヘトになっていたおばちゃんがいたが去り際までしっかり踊っていた。
勉強になります。

ダンスのあとは偉い人の宣誓。
誰かはわからないが身なりや座っている席を見たら偉い人なのがよくわかる。
おそらく市長さんか教育局長でしょう。

そうこうしている間に同僚に呼ばれ一時退席。
呼ばれるがままについていくとサッカーの準備をしている集団がいた。
話を聞くと今日はサッカーの試合があるらしい。
こんな教師の日に?
と思っていたがどうやら中等教育校の教師選抜 VS 今期教師リーグのチャンピオン
の試合らしい。
どういうわけか教師選抜に入っていた私は試合直前に試合があることを告げられた。
試合道具を家に取りに帰って試合に出場した。

開始時刻は12時。
前日の天気予報では今日の最高気温は40℃。
未だかつてシモイオで40℃という気温は存在しなかったらしい。
ここでも温暖化の兆しがあるのかと思いながら準備をしていた。

日光が!
熱い!

倒れそうになりながら前半を1-1で折り返し、後半は試合動かず1-1で試合終了。
大した活躍もしてないし、大きなミスもしていないという何とも記憶に残らない試合だった。
残っているのは気温の暑さだけ。

試合後はチームメイトにあいさつをして、夜にあるフェスタのために帰宅した。

夜のフェスタはサモラから近いクルージ・ヴェルメーリャというところで行われた。
食事とお酒が用意されていた。
同僚たちと飲んで食って楽しいフェスタ。

ケーキカット
校長、校長婦人、教頭によるケーキカット
その後
モ製 松本人志
私が赴任直後から思っているモザン製 松本人志こと校長トマジ・パウロによるマイクパフォーマンス。

校長の話が終わると司会からダンスの時間です。
との一声があった。
「ManuelaとNobuは中央に来てください。」
と言われ
強制連行 
この有り様。
サッカーといいダンスといい外国人枠が好きなモザンビーク
Danccedil;a com Manuela
Manuela先生なんか嫌がってませんか?
後ろに見えている先生からのアドバイスが「しっかり掴めよ。」

R1156367_1280.jpg
監督の評価は◎、ウナギ登りです。
「お前しっかりつかんでたな。」
ありがたいお言葉です。









スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。