上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
R1154419_800.jpg
4月7日は「Dia da Mulher Moçambicana」です。
直訳すると「モザンビーク女性の日」になります。
祝日ですね。
お祭り騒ぎでした。
先輩から言われていた通り
女性がちょっと浮かれ気味です。
私の配属先の学校は街の中を広場まで行進をしました。
R1154374_800.jpg  R1154387_800.jpg
行進前                他校の行進

一番先頭がうちの女性教員たち。
男性教員からプレゼントされたお揃いのカプラナを巻いての行進です。
やはり生徒たちも男性より女性の方がはしゃいでいました。
広場にはたくさんの人たちが集まっていました。
女性の演説?があったり、ダンスがあったりとても賑やかです。
R1154399_800.jpg  R1154406_800.jpg
広場の様子              浮かれてしまった男性たち


学校のことを少し
R1154321_800.jpg  R1154357_800_20100410054219.jpg
我がサモラ・マシェル中等教育校は8~12年生が通い、
生徒数6000人以上を誇るシモイオ最大の中等教育校です。
教師陣も100人以上!!

今日は班に別れてのテストの手伝いをしてきました。
8年生のクラス、日本でいうと中学2年生くらいになります。
単位変換のテストでした。
たとえば「112mmは何メートルで表すと?」
愕然としてしまいました
ほとんどみんなできない…
先生も座って眺めているだけなので
たまらず、巡回して机間指導をしてしまいました。

彼らの問題は物理にあるのではなく
算数にあることがわかりました。

小数点が入った計算ができない。(日常的に電卓使用)
146×100=?
このような計算にも電卓を使います。
テストでも電卓使用可で、教員たちも使います。
また、基本的に単位の表わしている意味がわからない
1m=100mmとか
1kg=100gとか普通に言ってしまったり
しまいには
1kg=100kgのようになっちゃったりします。

いつもは
「人懐っこくてかわいいなぁ」
と思っていた私も時間が止まってしまい、
この国で物理を教える意味はあるのだろうか?
その前にやらなくてはいけないことがあるんではないかと
ふと思ってしまいました。
今日のテストでわかったことを活かして
要請内容以外にも
8年生対象にした算数教室をしたいな
という考えも生まれてきたので
今度、校長に提案しようと思います。

日本の教育の素晴らしさを実感しているこの頃です。
それでもやっぱり子どもたちはかわいいです。

明日はサッカーの試合!
相手はシモイオ市ソアルポ中等教育校の教員
頑張ってきます!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://nobu16.blog84.fc2.com/tb.php/11-6c732b8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。